○皆野町会計年度任用技能労務職員の給与に関する規則

令和元年12月27日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、町技能職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和35年皆野町条例第21号)第5条の規定に基づき、単純労務職員で地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員(以下「会計年度任用職員」という。)であるものの給与について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「会計年度任用技能労務職員」とは、次に掲げる会計年度任用職員をいう。

(1) 自動車運転の業務に従事する者

(2) 校務員

(3) 調理員

(4) 監視員

(5) 前各号に準ずる技能的業務に従事する者

(給料表)

第3条 会計年度任用技能労務職員に適用する給料表(以下「給料表」という。)は、別表第1のとおりとする。

(会計年度任用技能労務職員となった者の号給)

第4条 会計年度任用技能労務職員となった者の号給は、別表第2によるほか、皆野町会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例(令和元年皆野町条例第4号。以下「会計年度任用職員給与条例」という。)の適用を受ける職員の例による。

(短時間勤務の会計年度任用技能労務職員の給料額)

第5条 法第22条の2第1項第1号の規定により採用された会計年度任用技能労務職員(以下「パートタイム会計年度任用技能労務職員」の給料月額は、前2条の規定にかかわらず、これらの規定による給料月額(以下「基準月額」という。)に、その者の1週間当たりの勤務時間を38時間45分で除して得た数を乗じて得た額とする。

2 パートタイム会計年度任用技能労務職員の給料日額は、前条の規定にかかわらず、基準月額を21で除して得た額に、当該パートタイム会計年度任用技能労務職員について定められた1日当たりの勤務時間を7.75で除して得た数を乗じて得た額とする。

3 パートタイム会計年度任用技能労務職員の給料時間額は、前条の規定にかかわらず、基準月額を162.75で除して得た額とする。

(会計年度任用技能労務職員の手当)

第6条 会計年度任用技能労務職員に対する手当の種類は、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、宿日直手当、夜間勤務手当、休日勤務手当及び期末手当とし、その支給については、会計年度任用職員給与条例の適用を受ける職員の例による。

(給与の支給方法等)

第7条 会計年度任用技能労務職員に対する給与の支給方法、端数処理、勤務1時間当たりの給与額、給与の減額その他給与の支給に関し必要な事項については、会計年度任用職員給与条例の適用を受ける者の例による。

附 則

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第2号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

給料表

号給

給料月額

1

147,900円

2

149,200円

3

150,400円

4

151,600円

5

152,700円

6

153,900円

7

155,100円

8

156,300円

9

157,400円

10

158,900円

11

160,400円

12

161,900円

13

163,300円

14

164,700円

15

166,200円

16

167,700円

17

169,100円

別表第2(第4条関係)

職種別基準表

職種

基礎号給

上限

バス運転手兼園務員

1

17

校務員兼スクールサポートスタッフ

1

17

給食調理員(兼配送者運転)

1

17

監視員

1

17

皆野町会計年度任用技能労務職員の給与に関する規則

令和元年12月27日 規則第8号

(令和2年4月1日施行)