ホーム

学校長メッセージ

地域とともにある学校をめざして

 キャリア教育を学びの柱に据え、グローバル人材の育成と次世代の学校の創世に向けて、「心にふるさと夢を宿し、生きる力を育てる教育の推進」を基本理念として、地域とともにある学校づくりに取り組んでまいります。

 本年度より本校の「校訓」を「剛き意志、深き愛、自由の胸、純なるこころ」と定めました。これは日本の俳句をリードしてこられた俳人・金子兜太先生が作詞された本校の校歌の歌詞の中にある言葉です。

 自分の未来を切り拓くための「剛き意志」。人への思いやりやふるさとを大切にする心こそ「深き愛」。志や夢を語り、自らの行動に責任を伴った大いなる「自由の胸」。多様性を尊重し素直で自分も他人も偽らない「純なるこころ」。このように本校の校歌には、まさに人生の生き方が示されています。その言葉を校訓として掲げ、末永く本校の教育の指針として、母校皆野中学校とふるさと皆野町を大切にする子どもたちを育てていきたいと思います。

「教育は人なり」という言葉があります。子どもたちの教育に携わる教師は、子どもたち一人一人の人格形成に大きな影響を与える重責を担っています。常に学び続け、尊敬され信頼される教師をめざして、切磋琢磨しながら教育の質的向上に挑戦してまいります。

 さらに「チーム皆中」を旗印に、教職員一丸となって組織的な学校運営に努めます。「学び合い、高め合い、笑顔・感動あふれる皆野中学校」という学校像を描きながら、学校教育目標「学ぶ意欲をもち、心豊かに、未来をたくましく生きる生徒の育成」の具現化と教育活動の一層の充実にチーム一丸となって取り組みます。

 また「チーム皆中」の取組を教職員だけではなく、生徒・保護者・地域の皆様にも広げ、目標やビジョンを共有しながら、地域とともにある学校づくりに努めてまいりますので、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

皆野町立皆野中学校

校長 新井 孝彦